【副作用はある?】アイキララの成分についてどんな効果があるか調べ上げました

アイキララは目の下というデリケートな部分に塗るだけあってどんな成分を使っているのか。副作用が出る事はあるのかという点はとても気になるかと思います。

アイクリームによって引き起こされる副作用として考えられるのは目の下が荒れてしまうという事が一番心配です。

そして、アイクリームとして目のクマを軽減してくれる成分や、たるみを改善してくれる成分が含まれているのかという点も気になります。

そこで、どんな成分が入っているのか。

また、アイキララによって副作用は引き起こされるのかを実際に検証してみました。

アイキララが明るい目元を取り戻すと言える理由はコレ

アイキララのホームページや広告などで謳われているのがスポットライトを当てたような明るい目元を取り戻すという事です。

目元にスポットライトが当たれば、クマがくっきりなくなったような、生き生きとした目元になれるという事ですよね。

実際になぜそのような事が言えるのか。

それはアイキララに含まれる成分に自身を持っているという表れだと思います。

どのような成分を配合する事で目元がそんな健やかになるのか調べてみました。

コラーゲンによる皮膚痩せ対策

アイキララに含まれる成分の中で推されているのがコラーゲンです。

コラーゲンという成分についてはよく耳にすると思うのですが実際にどんな成分なのかはご存知でしょうか??

コラーゲンは直接食べても効果があると言われている成分で、コラーゲンたっぷりのコラーゲン鍋というものも話題になっていますね。

コラーゲンは肌に塗っても十分に効果が期待できるもので、肌の中で細胞の接着剤のような役割をしてくれます。

このコラーゲンがある事で肌をふっくらさせる事ができるんですね。

コラーゲンによって肌がふっくらしたら皮膚痩せが解消され、目元が健やかになるという事です。

ハリとツヤがある健やかなお肌に♪

ビタミンC誘導体という成分を聞いた事はあるでしょうか。

きっと美容グッズに詳しい方なら一度は聞いた事がある成分だと思います。

MGAという成分はビタミンC誘導体の一種であり、コラーゲンを助けてくれる役割があると言われています。

ビタミンC誘導体には皮脂の分泌をコントロールする作用があり、乾燥肌の方の場合、皮脂分泌量が減ると肌がさらに乾燥するという副作用が起きる恐れがありますので注意してください。

ビタミンC誘導体には抗酸化作用により、メラニンを還元したり、ターンオーバーの状態を良くする働きがあります。

これらの効果が相まってコラーゲンとビタミンC誘導体により、ハリとツヤのある健やかなお肌が実現できるという訳です。

黒くま改善に必要なのはたるみの改善

黒くまには目の下のたるみが大きく関係しており、肌のハリを取り戻してあげる事が大事です。

ヒアルロン酸注入などをする事で黒くまが改善されるとも言われていますが、コスト的にも安全面的にも心配ですよね。

目の下にコラーゲンをたっぷり与えてあげるだけでも目元のハリが良くなり、たるみが改善される事が期待できます。

黒クマの原因は加齢によるたるみ。しっかりと対策すれば加齢も怖くない! 加齢が原因のクマはたるみがひどくなる?おすすめの対策方法はこれ!

茶クマ改善に必要なのは色素沈着の改善

茶クマには色素沈着が大きく関係しており、肌のターンオーバー(新陳代謝)を促進してあげるのがいいと言われています。

というのも、肌の奥底にはメラニンという成分が存在しており、メラニンが沈着する事で色素沈着が起こります。

そしてメラニンの色素沈着は、肌のターンオーバー(生まれ変わり)により、古いものから順に表面に出てきて排出されるという事を繰り返しています。

このメカニズムを促進してあげる事で、茶クマが改善されるという訳です。

【悲報】茶クマの原因は間違ったクレンジングによる色素沈着も原因の一つ。色素沈着を防ぐ方法とは。 色素沈着によるクマってどうやったら消える?茶クマの改善方法はこれ!

アイキララに含まれる全成分はこれ

アイキララの全成分
水、DPG、コメヌカ油、パルミチン酸エチルヘキシル、グリセリン、ベヘニルアルコール、トリエチルヘキサノイン、ステアリン酸、ステアリン酸グリセリル、セテス-25、ミリスチル3-グリセリルアスコルビン酸、パルミトイルテトラペプチド-7、パルミトイルトリペプチド-1、クリシン、N-ヒドロキシコハク酸イミド、ステアレス-20、グルコン酸クロルヘキシジン、アンズ核油、アボカド油、カニナバラ果実油、ヒマワリ種子油、ナットウガム、BG、ジメチコン、トコフェロール、コレステロール、シア脂、エチルヘキシルグリセリン、カプリル酸グリセリル

参考 アイキララ成分内容アイキララ公式サイト