目の下のクマの原因ってなに?クマを消す方法ってあるの?

目の下のクマは原因と治す方法を知ればバッチリ消せる!!

寝ているのに目の下のクマが中々消えない、メイクで隠しきれない、クマで悩んでいる方には必見です。

実はクマには種類があり、原因や対処法も異なります。

既に自分で思い当たる対処法を試してみたけどなかなか改善されないという方は、一度自分のクマをよく見てみましょう。

メイコ

目のクマに種類があるなんて知らなかったわ。

てっきり全部寝不足が原因だと思ってた!!

意外と寝不足以外のクマは知られていないよね。

この機会にクマの原因について知っておくといいわよ。

マチコ

この記事では、黒クマ・茶クマ・青クマそれぞれの原因と対処法を紹介していきます。

今からでも出来るオススメのケアもあるので、是非参考にしてみてください。

黒クマの原因と対処法

黒クマは皮膚のたるみの影響で、黒ずんだクマが出来てしまいます。

黒クマによって、全体的に顔の印象が老けて見えてしまうことがあります。

原因

加齢により皮膚がたるみ、まぶたの下に出来た影や黒ずみが、黒クマになってしまいます。

まぶたの皮膚のハリが無くなる原因は、加齢です。

加齢によりまぶたの皮膚から、コラーゲンやヒアルロン酸が肌から減っていくことで、下まぶたのツヤやハリが失われてきます。

対処法

黒クマの対処法としては、まぶたの皮膚のアンチエイジングやスペシャルケアを行うことが有効です。

アンチエイジングの化粧品を使い、たるみを予防し、ハリやツヤを復活させましょう。

積極的にコラーゲンやヒアルロン酸を摂取することをオススメします。

アイケア専用の黒クマに特化した基礎化粧品や、スペシャルケア用品も多く販売されています。

茶クマの原因と対処法

茶クマは摩擦や色素沈着の影響で、茶褐色のクマが出来てしまいます。

女性はアイメイクなど日々の蓄積で、茶クマが出てしまう場合があります。

原因

まぶたの皮膚は薄いので、摩擦でダメージを受けてしまいます。

さらに、アイメイクで色素沈着が残り、メイク残りや落としきれていない部分が酸化して、より色素沈着が起こってしまいます。

この色素沈着は、日焼けや紫外線も影響していきます。

対処法

茶クマの対処法は、特に女性の場合は丁寧にアイメイクを落とすことです。

アイメイクが濃い場合は、ポイントメイクアップリムーバーなど、部分専用のクレンジング用品を使ってみましょう。

さらに予防として、日焼けや紫外線をブロックするUV効果のある化粧品を普段から使いましょう。

まぶたやデリケートな部分にも使える日焼け止めを使い、目の周りもしっかりと塗ることが大切です。

もしも色素沈着をしてしまった場合は、アイクリームや目元専用のスペシャルケアを行うことをオススメします。

青クマの原因と対処法

青クマは、血行不良が強く影響しています。

まぶたの下に通っている血管が透けて見えてしまっている状態です。

げっそりして疲れ切った様子に見えてしまいます。

原因

血行不良が原因であり、まぶたの下に流れている血の流れが溜まっている状態です。

青クマ=寝不足のイメージがありますが、寝不足だけではなく、ストレスや生活習慣の乱れ、冷えも影響していきます。

しっかりと睡眠をとっても中々クマが消えない理由はここにあります。

対処法

青クマを治す方法としては、生活習慣の乱れをなくし、規則正しい生活をすることです。

目の疲れをとるために目薬をする方法もありますが、クマが無くなるという訳ではありません。

しかし生活習慣を整えることは一日や二日では出来ません。

今すぐにでも出来るオススメの方法は、目の周りをしっかりと温めることです。

ホットタオルやホットアイマスクを使うと血行の流れが良くなります。

クマだけではなく顔のむくみやコリをほぐすことも出来るため効果的です。

目のクマを消すには適切な対処法をするのが大事!!

寝るだけじゃ治らないってマジ?

目のクマに対して目薬や睡眠をとっても消す事ができないと悩んでいる人の大半は、自分のクマの種類を知らないという事にあります。

まずは自分のクマの種類を知り、適切な対処法をする事で消えなかったクマも改善へ向かいます。

是非根気強くチャレンジしましょう。