ホットアイマスクで血行を改善すれば目のクマって消えるの?

ホットアイマスクで温めて血行不良を解消すれば青クマは改善できる!!

冷えや生活習慣の乱れは血行不良による青クマの原因となります。
血液の循環が悪い=目のクマと思っている人もいますが、クマによって原因や対処法は異なります。
青クマの対処法は、ホットアイマスクやホットタオルで目の周りを温めて冷えを改善することです。
ここでは、今すぐにでもできるオススメの対処法を紹介していきます。
是非、参考にしてみてください。

血行不良で出来る青クマ

目にクマが出来てしまう原因の一つに、血行不良があります。この血行不良によるクマは、青っぽい色であり青クマと呼ばれます。青クマの他に、黒クマと茶クマがあります。

生活習慣の乱れ

規則正しい生活が送れていない、疲労がたまっている、寝不足である、そんな時に青クマが出来てしまいます。疲労やストレスは、目の下に流れている血液の流れを滞らせてしまいます。

冷え

体の冷えとともに、目の周りの冷えも、血行不良の原因となってしまいます。目の周りを温めることで血行が良くなっていきます。

【意外と知らない】青クマの原因は生活習慣の乱れや睡眠不足が原因ではない!血行不良を解消しよう! 生活習慣の乱れが原因でできるクマは何?どうすれば薄くできる?

黒クマ・茶クマの場合

黒クマ・茶クマはそれぞれ原因や対処法が異なっていきます。黒クマは、加齢などによりまぶたにたるみが起こってしまい、黒ずんで見えてしまいます。茶クマは、摩擦や色素沈着が原因で、茶色っぽいクマができてしまいます。この二つのクマはアンチエイジング化粧品や、目元専用のスペシャルアイケアを使用して対処する方法があります。

青クマにオススメのホットアイマスク

青クマの対処法で、オススメなのが目の周りを温めることです。これによって、冷えを解消することができ、血行不良を解消することができます。

市販のホットアイマスク

様々なメーカーからホットアイマスクが販売されています。持ち運びが便利な使い捨てタイプ、繰り返し使えるUSB充電式タイプ、電子レンジで保温するタイプなどがあり、自分の好みやライフスタイルに合わせて使用してみましょう。

ホットタオルでも代用可能

ホットアイマスクをわざわざ購入しなくても、ホットタオルで代用することができます。やり方は簡単です。

1.タオルを濡らして絞る
タオルをより大きく厚くすると、保温効果が増します。自分にあった素材やサイズを選びましょう。

2.ジップロックかラップでタオルを包む
しっかりと包むことで、水分の蒸発を防ぐことができます。さらにレンジの臭い移りも防ぐことができます。

3.500Wで1分程、電子レンジで温める
お使いの電子レンジによって、時間は変わってきますので、何回か試してみましょう。熱しすぎると火傷してしまう恐れもあるため、最初は軽めに温めることをオススメします。

ホットアイマスクの効果は血行不良の改善

ホットアイマスクでは青クマの原因となる血行不良を改善する他に、様々な効果があります。

眼精疲労のケア

スマートフォンやパソコンを使う時間が多い場合、目の疲れが溜まってしまいます。まぶたの筋肉は疲労してしまい、クマにも影響していきます。この目の疲れは眼精疲労といいます。ホットアイマスクで疲れ目ケア・目の周りをスッキリさせることができます。

美容効果

目の周りを温めることで、まぶたのくすみをとり、毛穴の汚れもしっかり取ることができます。基礎化粧品が浸透し化粧のノリも変わるため、美容効果も高くなります。ホットタオルで終わってしまうと蒸発して乾燥が気になってしまう人は、

ホットタオルの注意

タオルを温めすぎて火傷をしないように気をつけましょう。まぶたの皮膚は非常にうすくデリケートなため、注意が必要です。ホットタオルを使ったあとは水分が蒸発しやすくなってしまうため、保湿をしっかり行いケアを忘れないでください。そして毎日行うと、たるみや毛穴がひらきやすくなってしまうため、多くても週に2~3回にとどめましょう。

ホットアイマスクに副作用はない

当然の事ですがホットアイマスクには副作用がありません。

強いて言うならばホットタオルを温め過ぎた時の火傷のリスクのみ。

予め手で温度を確認しておけば火傷をする事もありません。

時間に余裕がある時はリラックス効果も望めるので積極的に利用しましょう。

MEMO
ホットタオルにアロマオイルを染み込ませておけばさらにリラックス効果が望めます。

お気に入りのアロマオイルがある場合は是非試してくださいね。

ホットアイマスクは誰でもできるからオススメ

市販のホットアイマスクを使わなくてもタオルと電子レンジ、お湯などがあれば誰でも簡単に目のクマ対策をする事ができます。

最も手軽な対策方法と考えていいでしょう。

しかし、黒クマや茶クマに対しては根本的な原因が異なるため適していません。

黒クマや茶クマが気になる方は以下の記事も参考にしてくださいね。