色素沈着によるクマってどうやったら消える?茶クマの改善方法はこれ!

【悲報】茶クマの原因は間違ったクレンジングによる色素沈着も原因の一つ。色素沈着を防ぐ方法とは。

茶クマができてしまう大きな原因は,摩擦や色素沈着となります。

日々の日焼けによる紫外線や,間違ったメイククレンジングによって,目元はダメージを受けてしまっています。

この記事では,茶クマの原因や改善方法について解説していきます。

是非参考にしてみてください。

茶クマができる原因は摩擦や色素沈着

茶クマの原因となる目元の摩擦や色素沈着は,毎日の生活で起こってしまっています。

代表的なものは,摩擦や紫外線による色素沈着,間違ったメイククレンジング方法となります。

摩擦からメラニン色素が生成される事で色素沈着が起きる

摩擦と色素沈着はとても重要な関係があります。

摩擦による刺激というのはメラニン色素の沈着を促してしまいます。

メラニン色素は,黒ずみの原因となるクマの大敵です。

ひどい場合は,摩擦黒皮症という摩擦による黒ずみの病名がつく場合もあります。

紫外線が色素沈着を起こす

紫外線=シミというイメージがあると思います。

このシミの原因は,黒ずみの原因と同じくメラニン色素となります。

肌はターンオーバーを繰り返して,肌が生まれ変わりが常に行われています。

しかし日焼けや紫外線などにより肌へのダメージ・軽いやけどのような状態になってしまうと,ターンオーバーが出来ずに色素沈着が残ってしまいます。

間違ったアイメイククレンジングにより色素沈着が起きる

とても濃いアイメイクは通常のクレンジングオイルだけではなく,ポイントメイクアップリムーバーを使用する人もいます。

しかしせっかくリムーバーを使用しているのに,ゴシゴシ擦ってしまい,摩擦が発生してしまいます。

このクレンジング方法はNGです,できるだけ優しく擦らずにメイクを落としましょう。

目元やまぶたの皮膚はデリケート。皮膚への刺激は最低限に抑えて。

目元やまぶたの皮膚というのは,頬の皮膚1/3の薄さとなります。

そのため,非常にデリケートで防御機能が小さいため,ダメージを受けやすくなっています。

私生活から乾燥や刺激には気を付けて

目元の皮膚というのはとても薄くデリケートです。

そのため,乾燥や刺激というのは,色素沈着の原因となってしまいます。

目元の乾燥や刺激が気になる場合は,アイケア専用の化粧品やアイクリームを使用することをおすすめします。

紫外線対策は忘れずに

目の周りはアイメイクをしているため,日焼け止めを塗り忘れてしまう事があります。

さらに目元に日焼け止めを塗るとヒリヒリしてしまう人もいます。

なるべく刺激が少ない日焼け止めを使用するようにしましょう。

紫外線が強い場所に行く場合は,サングラスを使う事も一つの方法です。

アイメイククレンジングは正しい方法を

洗浄力の強いクレンジングや,ポイントメイクアップリムーバーを使用しても,強い摩擦を与えてしまっては意味がありません。

なるべく優しくなでるようにクレンジングをし,時間をかけないで行いましょう。

色素沈着を改善するには美白効果があるアイクリームがおすすめ

即効性を求める人は,美容整形などのクマ消しという方法もありますが,費用やリスクが悩み所です。

費用も安くてクマ消し効果も欲しい!という人にはアイクリームをオススメします。

色素沈着の予防や改善のため,美白効果があるアイクリームが販売されています。

この美白効果というのは,ハイドロキノン・ビタミンC誘導体などの美白成分が入ったアイクリームです。

成分・口コミ・効果・値段などをよくみて,自分に合うアイクリームを選んでみて下さい!