目のクマに種類があるって知ってる?種類別クマの改善方法はコレ!

クマが出来てしまうと、老けて見える・疲れて見える・不健康に見えるといった、デメリットがたくさんあります。たくさん寝て見たり、メイクで隠したりしても、なかなかクマが隠れずに治らない時もあります。

実はクマの原因や対処法は一つではありません。クマには3つの種類があり、クマによって原因も対処法も異なります。この記事では簡単にクマの種類について説明していきます、是非参考にしてみてくださいね。

目のクマができてしまう理由は3つ

クマの多くの原因は、たるみ・色素沈着・血行不良の3つとなります。

寝不足=クマというイメージがありますが、実は原因は一つではありません。

まぶたや目の周りのたるみ

目の周りの皮膚は非常に薄く、まぶたの筋肉が必死に支えています。

しかし年齢とともにまぶたの筋肉がおち、たるんでしまいます。

摩擦や色素沈着

まぶたまわりの皮膚はとてもデリケートな部分になります。

このまぶたの皮膚は摩擦に弱く、色素沈着が起こってしまうことがあります。

血行不良

まぶたの下には毛細血管が多く通っており密集しています。

皮膚も薄いため、血行不良によって、血液の流れも見えやすくなってしまいます。

この血行不良は生活習慣の乱れ・冷えなどが原因となります。

クマには3つの種類がある

実はクマには種類があることを知っていますか?クマも良くみると、3つの色に分かれています。

黒色の黒クマ・茶褐色の茶クマ・青色の青クマで、それぞれ原因や対処法も異なります。

クマが治らなくて悩んでいる人は、まず自分のクマは、どれに当てはまるのか、鏡を見ながら確認してみてください。

色を見てもわからないときは、思い当たる原因も考えてみましょう。

黒クマは皮膚のたるみが原因

黒クマは、皮膚のたるみが主な原因となります。

たるみにより、黒い影のようなクマが出来てしまう状態です。

加齢により皮膚はたるんでしまい、ケアをしないと黒クマが目立つようになってしまいます。

目の下が黒く見えることによって、全体的に目がくぼんで見えてしまいます。

このくぼみは、老けてみえる状態に直結してしまいます。

この黒クマはコンシーラーやメイクで隠そうと思っても、簡単に消えません。

黒クマの原因は加齢によるたるみ。しっかりと対策すれば加齢も怖くない! 加齢が原因のクマはたるみがひどくなる?おすすめの対策方法はこれ!

茶クマは摩擦や色素沈着が原因

茶クマは、摩擦や色素沈着が主な原因となります。

知らず知らずのうちに、目を擦ってしまうことは多く、その摩擦により茶褐色の色素沈着が起きてしまいます。

特に女性は、メイクをする人が多いため、上下のまぶたどちらにも負担がかかってしまいます。

特にアイメイクでは、アイシャドウ・アイライン・マスカラなど、まぶたの色素沈着が起こりやすくなってしまいます。

さらに、アイメイクをクレンジングで落とす際も、摩擦が起こってしまいます。

なるべく色素沈着の起こりにくいアイメイク用品も売っており、日々のケアが重要となります。

【悲報】茶クマの原因は間違ったクレンジングによる色素沈着も原因の一つ。色素沈着を防ぐ方法とは。 色素沈着によるクマってどうやったら消える?茶クマの改善方法はこれ!

青クマは血行不良が原因

青クマ=寝不足というイメージが強い人が多いかと思います。

青クマが出来る原因は、血行不良です。

この血行不良は、ストレスや寝不足によって起こってしまいます。

血行不良により、目の下の薄い皮膚に密集している、毛細血管が透けて見えてしまいます。

さらに冷えも血行不良の大きな原因となります。

このように、毛細血管が透けて見えてしまう事で、青・青紫っぽい色のクマが出来てしまいます。

生活習慣を整えていくことで、多少の改善はみられますが、時間はかかってしまいます。

目の周りの血行を促す・温めることで、改善することができます。

【意外と知らない】青クマの原因は生活習慣の乱れや睡眠不足が原因ではない!血行不良を解消しよう! 生活習慣の乱れが原因でできるクマは何?どうすれば薄くできる?